ごあいさつ  
営業の沿革  
会社概要  
 
地質調査  
土質試験類  
さく井工事  
沈下修正工事  
地盤改良工事  
地盤の10年保証
土壌汚染調査  
 
資格・登録
 
   


  軟弱地盤に構造物を建てる場合、地盤に対する補強工事が必要になります。大きくわけると次のようになります。

 ・布基礎の強化またはべた基礎
 ・表層改良工法(浅層混合処理工法)
 ・柱状改良工法(深層混合処理工法)

 ・杭基礎工法
 ・上記工法の複合


当社では、おもにセメント及びセメント系固化材を用いた地盤改良を行っています。他社と大きく異なることは、(特許登録)硬化剤「タカボー」を改良土に加えることで、固化強度を高め、六価クロムの溶出を封じこめる作用があるということです。

六価クロム溶出について
 セメント及びセメント系固化材を使用した改良土から、条件によっては六価クロムが土壌環境基準を超える濃度で溶出するおそれがあります。現在、国土交通省所管の施工にあたっては「六価クロム溶出試験」が行われていますが、民間の施工ではほとんど行われておりません。
なお、セメント及びセメント系固化材とはセメントを含有成分とする固化材で、普通ポルトランドセメント、高炉セメント、セメント系固化材、石灰系固化材をいいます。
 


湿式柱状改良工法は、粉体のセメント系固化材と水をあらかじめプラントで攪拌してセメントミルクを作り、それをポンプで施工機械へ圧送し、ロッドの先から吐出させ土中へ注入しながら、攪拌翼をつけた掘削機で掘削・混合・攪拌を地中で土とスラリー状になるまで繰り返して、強固な柱状改良体を作る工法です。

長所
・振動、騒音の少ない施工機を使用
・地下水位が高い地盤・崩壊性の高い地盤でも施工が可能
・乾式柱状改良工法で施工できないような地下水位がある場合でも水が流動していない限り施工が可能(水が流動していると、改良柱体が固まるまでに水圧によって改良柱体が削られてしまうから)

短所
・4tトラックが進入できる道路と基礎が出来る場所とは別に機械類をセットするスペースが必要
・施工時に仮設の水道が必要

■■ 基本的な施工手順■■
・設計計画に基づき杭芯を明示します。
・杭芯がずれないよう注意し、掘削を開始します。
・セメントミルクをポンプで圧送し、ロッドの先から吐出させてロッドを回転させながら設計深度まで掘削混合攪拌します。
・設計深度付近で掘進引上げを繰り返し、混合攪拌を行います。
・引上げながら注入攪拌を行います。
・地上まで引上げ、改良体の天端を設計通りの高さに仕上げます。
 




      


深層混合処理工法は、一般には改良深度が2〜3m程度以上までを専用機械による混合撹拌により柱状に改良体を造成する地盤改良です。
施工後の残土の発生が無く、残土処分の費用が削減できます。また、他の工事に比べ、振動や騒音が少なくなります。注意すべきこととして、改良径と改良長さ、数量による検討が必要になります。適切な深度と数量だけではなく、改良柱体の配置も支持地盤として大きな影響があります。当社では、(財)日本建築センター発行の「改訂版建築物のための改良地盤の設計及び品質管理指針」に基づいた検討をしています。

■■ 基本的な施工手順■■
       ※乾式柱状改良工事
 ・ 穴掘り建柱車で改良計画深度まで、掘削します。
 ・ 柱体1m毎に必要となる掘削土にセメントまた
   はセメント系固化材を散布します。
 ・ オーガースクリューで撹拌をします。
 ・ タカボーを溶かした水を散水します。
 ・ 再度、オーガースクリューで良く撹拌します。

 ・ オーガースクリューを反転させ、混合土を締め
   固めます。
 ・ これを繰り返して、計画高さまでを締め固めて
  ゆきます。
  詳しくは「高須式工法」をご覧下さい。

 


    

浅層混合処理工法は、基礎下部地盤の2m程度までを薄層状に転圧改良する工法であり、手軽に利用できる地盤改良であるため、比較的小規模な建築物に使用されることが多くなります。従って、深層混合処理工法に比較すると簡単な検討を行えばよく、品質管理も簡素化を図ることができます。

■■基本的な施工手順■■
・ バックホウで改良計画深度まで、掘削します。
・ 1層の改良厚と面積に合わせた量のセメント
  またはセメント系固化材を散布します。
・ バックホウで良く撹拌をします。
・ タカボーを溶かした水を散水します。
・ 再度、バックホウで良く撹拌します。

・ 混合土を敷き均し、ローラーで機械転圧をかけます。
・ これを繰り返して、計画高さまでを締め固めてゆきます。


 

 
六価クロムなどの重金属等により汚染された土壌を封じ込め(不溶出化)をする地盤改良です。
セメントとタカボーのイオン交換機能により、重金属類を吸着し不溶出化します。

特定有害物質の溶出量基準については、下のボタンをクリックして下さい。

       
 

  セメントの配合量によって、透水性のある土歩道や運動場、公園などに使用できます。
従来のセメントやセメント系固化材による地盤改良の場合、土壌中が高アルカリの状態が続いてしまい樹木、草などの植生に悪影響することがあります。
しかし、当社では「タカボー」を入れることで、pH値の調整をし、植生はもちろん地下水、河川、池に悪影響を与えません。